My Story

 

~おから味噌誕生のきっかけ ~ 
 
「無料のおからを使って何か有益なものが生み出せないか?」

皆さんは我が国で消費される大豆加工品の需要の中で一番多い用途は何かご存知でしょうか?

 

おからの主な用途は「飼料」「肥料」

そして「産業廃棄物」となり

食用としての用途 はわずか1%と言われています。

その数字を知ったとき、私はとても切なくなりました。

なんの加工もしていない、天然の栄養たっぷりの素材が

こんなにも簡単に廃棄されてしまうのか…

そこから「おからの有効利用」を考え初め
最終的におから味噌に行きつきました。

火を使わず、簡単にお味噌が作れる。

時間がない主婦でも、力のない子供でも、楽しみながら健康に良いものを作ることができる。
 

そして毎日、発酵の様子を間近に観察しながらワクワクと待つことができる…。


 

私が何よりもこだわったのは
 

「廃棄される運命のものに、新しい息吹を与えることができる」
 

​産業廃棄物の扱いをうける「おから」が
日本古来から伝承される菌と微生物の力を借りて新たな食品に生まれ変わる… 

 

国が豊かになるにつれ
日本でも食品廃棄の問題は深刻でフードロスという課題に多くの企業も取り組んでおります。
 

おから味噌はまさに日本人の持つ

「もったいない」の神髄に叶う

無駄なく、食べ物を利用できる
素晴らしい魅力を持っている

そして
お豆腐業界の抱えるおからの廃棄問題に
少しでも貢献することができればと願ってやまないのです。

おから味噌

これはまさに「有益ななにか」 なのではないだろうかと強く思います。 


2018年吉日

​おから味噌研究家 松田由己

おから味噌レシピ
おから味噌の作り方
おから味噌成功
おから味噌資格
おから味噌受講
​伊豆
​松田由己

​こちらに掲載されているすべての画像・文章の転用転載及び引用を固く禁じます。

 

COPYRIGHT © 2018 米乃花&Yuki Matsuda ALL Rights Reserved.